INFORMATION

ブログ

2021.11.14

今すぐできる理想の二重幅に広げる3つの方法を紹介!

お人形さんみたいなぱっちり二重や外国人のようなくっきり二重に憧れますよね。

実は一重の人でも普段のメイクに一工夫を入れるだけで簡単に二重幅をつくったり、二重幅を広げる方法があるのを知っていますか?

この記事では、今すぐできる二重幅を広げる3つの方法と、幅を広げたのにかえって目が小さく見えてしまったという失敗を回避するために、理想の二重幅についても紹介していきます。

今すぐできる二重幅広げる3つの方法

「明日のお出かけは理想の二重幅で行きたい」そんな人のために、今すぐできる二重幅を広げる3つの方法について紹介していきます。

1.簡単メイクで二重幅を広げる

いつものメイクに一工夫加えるだけで、二重幅を広く見せることができます。特殊な道具は一切不要。手持ちのメイク道具で二重幅を広げる方法やポイントを紹介します。

アイラインを細く引いて二重幅を邪魔しないようにする

目を大きく見せようとしてアイラインを太めにひいてしまうと、二重幅に色がついてしまいかえって二重が狭く見えてしまいます。そのため、アイラインはまつ毛の間を埋める程度にして、できるだけ二重幅に被らないよう細くひいていきましょう。

目を大きく見せたい場合、アイラインを太くひくのではなく目頭に切開ラインをひくのがおすすめします。切開ラインとは、目頭にある蒙古襞を見えなくするようなメイクです。

方法は簡単で、目頭から1~2㎜程度のところまでアイラインをひいていきましょう。目頭に対して平行にひけば切れ長の印象の目になり、目頭に沿ってひけば丸くかわいらしい印象の目がつくれます。二重幅を邪魔しないで目を大きく見せられます。

淡いアイシャドウを使用して二重幅を埋めないようにする

アイシャドウを使用する際は、できるだけ淡い色を使ってあげるのもポイントです。濃いアイシャドウを使ってしまうと、アイラインを太くひいたときと同様に、二重幅に色がつき狭まく見えてしまいます。

また、色も濃いブラウンや赤などの引き締め色は避けて、肌に馴染むベージュ系やオレンジ系、ピンクでも肌馴染みの良いものを選ぶのがポイントです。

【一重の人にもおすすめ】ダブルアイラインで二重をつくる

一重の人はダブルアイラインがおすすめです。ダブルアイラインは、一般的なひき方ではなく二重幅に沿ってまぶたに線をひいていくメイクになります。

コスプレイヤーの方のくっきりとした二重をイメージするとわかりやすいかもしれません。

まぶたの形によって引き方が少しずつ違いますので、以下のひき方を参考に自分に合ったラインをひいてみてください。

 

  • 二重・奥二重の人のひき方:自分の二重に沿って、目じりまでアイラインをひいていきます。
  • 一重の人のひき方:一重の人はゼロから二重をつくっていくことになります。幅が広いと違和感が出てしまいますので、2㎜程度を目安にひいていくようにしましょう。アイラインで二重を引く前にブラウン系のアイシャドーを引いておくことで、影ができてより自然な二重をつくることができます。

二重や奥二重の人は元々の二重ラインに対し、ひいたラインが太いと違和感がでてしまうので、目を閉じたときに自然に見えるかを確認しながらひいていきましょう。

ダブルアイラインで使用するアイラインは普段使用のものでもできますが、専用のものも販売されていますので、自分の肌に馴染む色を選ぶようにしましょう。

2.二重テープやアイプチで広げる

一重やもっとしっかり二重幅を広げたい人は、二重テープやアイプチでしっかり二重ラインをつくってあげるのが1番簡単な方法です。

理想の二重幅を1回でつくりたい人は、あらかじめアイラインなどで薄くガイド線をひいておきましょう。ブラウン系であれば、二重ラインをつくった後も影になって目立ちにくいのでおすすめです。

3.顔やまぶたのむくみを解消する

顔がむくんで目が腫れているとまぶたの厚みで二重ラインが圧迫されて二重幅が狭くなってしまいます。

そのため、顔周りのリンパ腺をマッサージしたり、ホットアイマスクで目の周りの疲労をケアしてあげるのもおすすめの方法です。マッサージ方法はYouTube上に投稿されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

二重幅を広げるときの注意点!目が大きく見える理想の二重幅とは

ぱっちり二重にしようと二重幅を広くしてしまい、かえって目が小さく見えてしまったというケースも珍しくありません。

よくある例としては、二重幅を広くしすぎて眠そうな目になってしまうケースです。ハム目とも呼ばれており、二重幅に圧迫され目の開きが悪くなることで目が小さくなってしまいます。

目を大きく見せるには、二重幅と同じぐらい目の開き具合(目ぢから)が重要です。例えば、有名な女優と同じ幅の二重にしたとしても黒目の大きさや目の開き具合で全く違う印象の目になってしまうのです。

そのため、理想とする目があるのであれば、単純に二重幅だけを同じにするのではなく目の開き具合や黒目のサイズを含めて寄せていく必要があります。

二重テープやアイプチで二重幅を広げるデメリット

目の開き具合を含めて理想の形に近づけようとすると、メイクやマッサージだけでは対応しきれないため、二重テープやアイプチを使っていくことになると思います。

しかし、テープやのりを使って二重を広げるのは、まぶたへの負担が大きいため、長期間継続的に使うことをあまりおすすめしていません。

テープやのりにまぶたがひっぱられ、皮がのびてしまうとまぶたのたるみの原因をつくります。まぶたがたるむと目にかかる皮が多くなり二重ラインを狭めるだけではなく、目ぢからを弱めることにつながるのです。

継続的に二重を広げたいのであれば、思い切って二重整形をしてしまった方が、まぶたの負担を軽減することができます。

二重幅を広げたいなら「二重整形」がおすすめ!

二重整形というとハードルが高く感じてしまう人もいると思います。ここでは、おすすめする理由や費用、ダウンタイム、周囲にバレないのかについて紹介していきます。

二重整形をおすすめする理由

二重整形の最大のメリットは一度行ってしまえば、数年程度は何もしなくても二重を維持することができるという点です。そのため、朝早く起きてアイプチをしたり、デート中や遊んでいる途中で二重が取れていないかに気にしたりそういう苦労から解放されます。

また、医師と話し合い、理想通りの二重を手に入れることで、自分に自信を持てるようになるのも二重整形のメリットです。今まで我慢していたようなメイクやおしゃれも迷わずに挑戦できるようになり、気持ちを前向きにさせてくれます。

元々二重がある人の幅を広げる手術や平行幅にすることもでいますので、まずはどういった二重にしたいかを医師に相談してみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

渋谷の森クリニック池袋院(@snmc_ikebukuro)がシェアした投稿

二重整形の費用やダウンタイムは?

二重整形の費用は病院によって異なりますが、渋谷の森クリニックでは以下の費用で対応しています。

【埋没法】まぶたを糸で数か所留め、二重ラインをつくる。

 

  • 2点留め:5.5万円(税込み)
  • 4点留め:8.8万円(税込み)
  • 4点留め(1年保証あり):11万円(税込み)

【切開法】まぶたを切開し、皮膚と縫合することで二重ラインをつくる。

 

  • 全切開:27.5万円(税込み)

手術後は電話でアフターケアの相談も受け付けていますので、二重整形が初めてな人も安心して受診いただけます。

ダウンタイム期間の長さですが、埋没法ではおおよそ手術後~2日で痛みなどが収まり、3~4週間で完全に落ち着き手術前とほぼ同じ状態に戻ります。切開法ではまぶたを完全に切るため、1~2週間は痛みや炎症が続き、1~2ヶ月で落ち着いてきます。

ダウンタイムの長さは体質によって個人差がありますので、目安期間より軽く短く終わる人も珍しくありません。ただ、アレルギー体質で炎症を起こしやすい人や肌が弱い人はダウンタイムが長引く可能性があります。ただ、手術後にしっかり患部をしっかり冷却し、安静にしていれば悪化することはほとんどありませんので、安心してください。

手術する際に正しいダウンタイムの過ごし方についての説明もありますし、必要に応じて鎮痛剤などの処方も行われます。

体質以外にも医師にどの程度の技術力があるかもダウンタイムの期間が大きく左右します。まぶたは薄く繊細な部位なので技術がない医師が施術した場合、不要な部分まで傷つけ余計な出血や腫れが起きてしまうのです。そのため、二重整形をする際は病院や医師びも非常に重要になります。実績や経歴、症例をよく確認し納得いくまで無料カウンセリングで相談するようにしてください。

少しでも不信感があるのであれば、別の病院のカウンセリングも受けて比較してみてもいいかもしれません。

二重整形で幅を広げても周囲にばれないのか?

「二重整形=バレる」と思っている人も多いですが、絶対にバレるわけではありません。特に埋没法の場合、ダウンタイムが短いため、手術後に数日休みが取れるのであれば、同居している家族以外にバレることはほとんどないでしょう。職場などではフレームのある眼鏡をしたり、前髪を伸ばすことで誤魔化すことができます。

切開法の場合やダウンタイムがひどいケースでは、傷跡や腫れが残ってしまうためバレてしまう可能性があります。ただし、最近では整形を行う人も多くマイナスイメージを持つ人も少なくなってきました。

どうしても気になる場合、親しい人にはあらかじめ二重整形する旨を伝えておくことをおすすめします。隠す必要が減るため、精神的な負担は少なくなるはずです。

まとめ

二重幅はメイクやアイプチで広げることができますが、将来的なまぶたの垂れにつながる可能性があります。自分の顔にピッタリ合う理想的な二重を手に入れたい、毎朝二重をつくる生活から解放されたい人は思い切って二重整形をしてしまうことをおすすめします。

元々アイプチなどで二重をつくっている人であれば、二重整形でその幅が数㎜広くなったところで親しい人や人の変化に敏感な人でない限り、気づかれないことがほとんどです。

切開法ではなく埋没法であれば、もとに戻りたいと思ったときに戻れることがほとんどなので、まずはお試しとして挑戦してみてはいかがでしょうか。

所在地 東京都豊島区東池袋1-42-16
ニードビル4階/5階
診療時間 11:00-20:00
(受付時間:11:00-19:50)/ 水曜定休
アクセス 各線池袋駅 東口 徒歩3分
公式サイト https://snmc-by-shibuyamori.com/